ファルマバレー セミナー「力を感じる医療・福祉介護ロボット」のご案内

  • 情報提供ファルマバレー セミナー「力を感じる医療・福祉介護ロボット」のご案内 2017/09/01

ファルマバレーセンター主催の技術セミナー「力を感じる医療・福祉介護ロボット」を開催します。
横浜国立大学の下野先生の御講演です。講師の下野先生は、慶応大学のハプティクス研究センターの大西先生と一緒に活動されており、力触覚を医療・福祉介護ロボットに生かす開発をしております。
聴覚や視覚はデータ化(JpegやMp3等)、保存、伝達(通信)、編集、再生が可能となっておりますが、今回の開発は(力)触覚も同様に扱えることが目標となっております。そうした技術を使って、強い力ばかりでなく、弱い力(触覚)も扱えるようにして、医療や介護現場に使えるロボット技術を開発しております。医療介護等の人間を扱う分野ばかりでなく、製造業の多くの分野で利用可能な技術と言えます。
慶応大学では、ベンチャーを立ち上げ、(力)触覚利用のための制御ソフトを組み込んだ半導体チップも年内にも量産を始める予定になっております。
当日は、学生も連れてきて、実演をしていただけることになっており、非常に楽しみなセミナーです。

日 時 平成29年10月6日(金)14:00~16:00

会 場 ファルマバレーセンター 3階 交流ホール(駿東郡長泉町下長窪1002-1)

内 容 テーマ:「力を感じる医療・福祉介護ロボット」
     講 師:下野 誠通(ともゆき)氏
           地方独立行政法人神奈川県立産業技術総合研究所
           「力を感じる医療・福祉介護次世代ロボット」プロジェクト プロジェクトリーダー
           横浜国立大学 大学院工学研究院 准教授 博士(工学)

定 員 80名(先着順) ※定員になり次第、受付を締め切らせて頂きます。

参加費 無 料

申込み 参加申込書にある必要事項をご記入の上、下記連絡先まで、FAX又は、メールにてお送りください。

問合せ先 力を感じる医療・福祉介護ロボットセミナー担当
       ℡:055-980-6333  E-mail kikaku@fuji-pvc.jp

資料ダウンロード