富士市水道指定工事店協同組合
     
トップページ < 水道豆知識・富士市の水道紹介

■富士市の水道紹介

富士市の水の3つのセールスポイントは「安全・安い・美味しい」!!
ここでは、この3つのセールスポイントを紹介していきます。

 

【安全】
富士市では、水質検査計画を策定し、水源となるすべての井戸から蛇口に至るまでの水質を
検査しています。
検査計画や検査結果は水道部ホームページで誰でも閲覧することができます。

【安い】
富士市の水道料金は、水道の使用量にかかわらない基本料金と水道の使用量によって決まる
従量料金からなっています。
この結果、平成17年4月1日現在において、給水人口が10〜30万人の事業体において、
家事用の20立方メートル当たりの水道料金は、全国で3番目に安い水準となっています。

【美味しい】
富士山麓の地下水100%です。
「美味しい水の要件」といわれる項目と比較した表をご覧ください。

基準項目 美味しい水の要件 富士市の水道 摘要

過マンガン酸
カリウムの消費量

3mg/l以下 0.4mg/l

有機物質量を示し、多いと渋みをつけ
多量に含むと塩素の消費量に影響し,
水の味を損なう

蒸発残留物 30〜200mg/l 127mg/l 主にミネラルの含有量を示し、量が多いと苦味、渋みが増し適度に含まれると、
こくのある、まろやかな味がする
硬度 10〜100mg/l 42mg/l 硬度が低いと癖がなく、高いと好き嫌いがでる。カルシウムに比べマグネシウムが多い水は苦味を増す。
遊離炭酸 3〜30mg/l 3.7mg/l 水にさわやかな味を与えるが、多いと刺激が強くなる。
臭気度 3以下 1未満 水源の状況により、さまざまなにおいがつくと不快な味がする。
残留塩素 0.4mg/l以下 0.15mg/l 水にカルキ臭を与え、濃度が高いと水の味をまずくする。
水温 20度以下 15度 水温が高くなると、あまり美味しくないと感じられる。
冷すことにより美味しく飲める。
まさに、富士市の水道は「美味しい水」なのです。
さらに、水道水をボトルに入れ栓を締めずに冷蔵庫で一晩冷すと塩素が抜け、もっと美味しく水が飲めます。
富士市水道指定工事店協同組合
Copyright(C) 2006 富士市水道指定工事店協同組合 All rights reserved.
トップページ 組合概要 工事店を探す 水道豆知識 求人情報 リンク集 組合員専用 トップページ 組合概要 工事店を探す 水道豆知識 求人情報 リンク集 組合員専用